天然水とRO水の違い

天然水とRO水の違い

ウォーターサーバー用の水には種類があり、大きく分けると天然水とRO水とがあります。
天然水の場合には、どこで採取されたのかというのが記載されていますが、そこから採水されたものをそのままボトルに詰められているわけではありません。
天然のものでもあるので不純物が混じっていることもあり、沈殿物の除去や加熱殺菌処理をしてあるのが一般的です。

 

一方、RO水というのはここからさらに加工されているのが違いになります。
天然水同様に不純物の濾過や加熱殺菌が施された後、さらにRO膜処理がほどこされます。
0.0001ミクロンという非常に微細な穴のフィルターでろ過がされるのがRO膜処理であり、天然水に含まれているカルシウムやマグネシウム、カリウムやナトリウムといったミネラル分までフィルターで取り除くことができます。

 

限りなく純水に近い状態にすることができ、湯冷ましのような水に仕上げることができるのですが、その分だけ味の方は人間にとっておいしいとは言えないものとなってしまいます。

 

そこで、後から人工的にミネラル分が加えられて商品として作られているものもあるものです。
ミネラルが加えられていないものでは、赤ちゃんやお年寄りにも安全な水であり、料理に使用するにも味を左右することがないというメリットを持っています。加工されていることから採水地が記載されていることはあまりなく、予算的にもリーズナブルです。
品質に安定性があり、安全な水を求めているのであればRO水が向いています。

 

ベビアクアの水はRO水ですので、赤ちゃんに安心してご使用出来ますよ。