ミネラルウォーターの種類と定義

ミネラルウォーターの種類と定義

日本の農林水産省は、特定の水源から採取された地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないものをナチュラルウォーターとし、その中でミネラル分が溶解した地下水を原水としたものをナチュラルミネラルウォーターとしています。

 

ミネラルウォーターは、このナチュラルミネラルウォーターと同じ地下水に、沈殿、ろ過、加熱処理をしたものと定義されています。種類は殺菌方法の違いによって大きく4つに分けられています。

 

ナチュラルウォーターとは

1つ目は「ナチュラルウォーター」です。これは特定の地下水源から汲み上げたもので、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をせずにボトルに詰めた地下水です。

 

ナチュラルミネラルウォーターとは

2つ目は「ナチュラルミネラルウォーター」です。これはさまざまな場所を通り抜けているので地中でミネラル分が溶け込んでいる地下水です。

 

ミネラルウォーターとは

3つ目は「ミネラルウォーター」です。これはナチュラルミネラルウォーターを原水としたもので、水の品質を安定させるために、複数のナチュラルミネラルウォーターを混合したり、紫外線やオゾンによる殺菌をして、有機物の分解をし、ミネラル分を調整したものです。

 

ボトルドウォーターとは

4つ目は「ボトルドウォーター」です。これは、今までににあげた3つ以外の飲料水です。地下水以外の水などに成分を加えて処理をしたものです。よく天然水と同じに扱われることがありますが、この二つはまったく違うものです。

 

この4つにはそれぞれ違いがあるので、自分の体質や用途に合ったものを探すことが大事です。